私たちの仕事

三愛機工のつの強み

 メーカーたる企業には日々変化する市場に対して、より高度な製品を最新の技術と設備によってタイムリーに供給する役割と責任があります。
 我々はその顧客である企業の機械設備を含む職場環境を改善し、その企業の生産活動の向上に貢献することを使命と考えています。そのためには何が出来るのか。その答えを追求し続けた結果が当社の3つの強みです。

三愛機工の強み-スピードアップ

トータルサポートでスピードアップ

 当社では、お客様との打合せから、現場での寸法取り、設計、部品製作、組立、現場取付工事までを、トータルでサポートしているのが第一の強みです。営業や設計が部署で分かれている一般的な企業とは異なり、当社ではお客様にヒアリングするのも、設計や組立をするのも同じ担当エンジニアです。機械を良く知るスペシャリストが直にお話するため効率が良く、スピーディー。
 また現場を知るエンジニアが手掛ける設計は、製作・取付効率も踏まえて考えるため、全行程で時間短縮・コストダウンを図ることが可能なのです。

三愛機工の強み-発想力

幅広い知識に裏付けられた発想力

 様々な業種のクライアントに長年対応してきたからこそ、当社には蓄積された知識や技術、それらに裏付けられた「発想力」があります。
 お客様の抱える問題を解決していくとともに、「取付のためにラインを止める時間を極力短くしたい」「限られたスペースの中で装置を取り付けてほしい」等の細かなニーズにも対応。
 ベテラン揃いの当社設計エンジニアによる、コンサルティング要素を含んだご提案のクオリティには定評があります。

三愛機工の強み-コストダウン

効率性アップとコストダウン

 機械設計をするにあたり最も大切にしているのは、作業者にとって安全で使い勝手が良いかどうか。そのために当社では、担当者様との打ち合わせに加えて、実際に現場で作業する人の生の声を聞く事も大切にしています。男性でも女性でも、力がある人もない人も、国籍が違う人でも、誰でも分かりやすい機械を目指すこと。そのための省力化であり、現場での効率性アップ、ひいては全体のコストダウンに繋がるのです。

仕事の流れ

打合せ

三愛機工-打ち合わせ

打合せの段階から問題の対処法や大まかな予算をお答えする事が可能なため、完成品を想像しやすく仕事もスピーディーです。

寸法取り

三愛機工-寸法取り

設計図がない古い機械の場合も、小さな部品から寸法取りしていきます。

ねじ一つとっても、用途によってねじ山の形状やピッチがちがったり多くの種類があります。

設計

三愛機工-設計

当社の設計エンジニアはベテラン揃い。
こなしてきた仕事の数が豊かなアイデアを生んでいます。

部品製作

三愛機工-部品製作

全てオーダーで作るのではなく、既製品をうまく組み合わせる事で全体的に安く仕上げるコツがあります。

全てをオーダーメイドで作ると、
コストだけでなく納期もかかるんです。

組立

三愛機工-組立

設計士が組立まで行うことで、組立しやすい形状を踏まえた設計が可能に。
だから現場でも取り付けやすく、効率化を図る事が出来るのです。

現場取付工事

三愛機工-現場取付工事

取付まで一貫して同じ担当者が行うため最後の試運転までスムーズです。

現地取付工事を早くすませるために、
現場ごとの専用の治具や道具も準備して臨みます。

お客様の声

三愛機工お客様の声-三原市・桜南食品株式会社様

三原市・桜南食品株式会社様
清涼飲料水・粉末清涼飲料製造業および販売業

弊社は三原市内で清涼飲料水の製造・販売を行っている会社です。三愛機工さんとは先代の頃より20年来のお付き合いとなり、食品製造機器の修理や、使い勝手を考えた改造まで、手間がかかる注文にも快く応じていただいて本当に感謝しています。

 大手メーカーであれば予備の機械を所有したり、社内エンジニアがトラブルに対応する仕組みがありますが、弊社の規模ではスペース的にも予算的にも難しく、いざ機械に不調があれば自力で修理せざるを得ないのが現状でした。メーカーに部品が残っていない古い機械は、故障部品を作る必要もあり、このような細かい部分を設計から製造まで手掛けてくれる会社は多くありません。

 三愛機工さんでは、設計図のない機械でも部品を新たに作っていただき、それぞれメーカーの違う機械同士をラインに組み込むための調整、最近では充填機のオーバーホールも手掛けていただきました。

 機械の素人である私達の意見にもじっくり耳を傾けてくれ、専門的な知識をもって確実に応えてくれるところに信頼感を感じています。ただ修理するだけではなく、故障の原因の究明もしていただけるので、私たちも機械に負担のかからない使い方に変えていける。こういうフォローも、やはり様々な業種の現場に入り、幅広い知恵と技術を持たれているからこそだと思います。

ページのトップへ